公益社団法人 日本歯科衛生士会

TOPへ

eラーニングサイト

eラーニングサイト

公益社団法人 日本歯科衛生士会

厚生労働省受託事業
歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業

歯科医院における労働基準法(基礎編)

峯岸 陽子

フェニックス社労士事務所
社会保険労務士・歯科衛生士
峯岸 陽子

略歴
  • 共立女子短期大学英文科卒業後、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)秘書室勤務
  • 2001年 東京医科歯科大学歯学部附属歯科衛生士学校卒業(現東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科)
  • 2004〜2009年 (株)いちよし証券秘書室・人事部勤務
  • 2007年 社会保険労務士 免許取得
  • 2009年 フェニックス社労士事務所開設
  • 2018年 開業 9年目
  • 銀行の経営破綻等を機に歯科衛生士学校に入学。
  • 歯科衛生士として3年間の勤務を経て証券会社に転職。
  • 在職中、社労士免許を取得。
  • その後、歯科業界での雇用経験を活かし、対象を完全に歯科医院に特化した“歯科専門社労士”としてフェニックス社労士事務所を開設。院長と従業員双方に寄り添ったアドバイスが出来ることが強みの1つ。

どこの歯科医院でも日常的に従業員が不満と思っていることは共通している。適正な残業代の支給も有給休暇制度も労働基準法に条文として定められている。しかし、権利ばかりを主張してもトラブルを招くだけである。従業員としての権利を正しく理解したうえで、何をどのように主張するかを考えるだけでも、不満が激減する。法律の知識を賢く生かす術を身につけよう。

TOPへ戻る